ルクール

こころ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

チャールトン・ヘストンの旅立ち

p_4506_01_01_02.jpg


今日も朝からWOWOWでカラヤンのドキュメンタリー「映像美の追求」を観ました。
昨日からずっと懐かしく、しみじみと過ごしていました。
IMG_1493.jpg
生誕100年を記念して色んな楽曲の抜粋を納めた「カラヤン・ベスト101」。
CD6枚組というボリューム、以前からチェックしていたのを今日ゲット!
ベルリンフィルだけではなく、ウィーンフィルのもあるけれど、カラヤン指揮であれば
満足です。これからも暫くカラヤン漬けの日々が続きます。
父から譲り受けたカラヤン指揮のレコードはかなりの数あるけれど、今はインテリア
にはなるけれど、残念ながら聴くことは出来ません。

カラヤンを懐かしく思い出していたら、今夜のニュースでチャールトン・ヘストンが
天に旅立ったことを知りました。「ベン・ハー」、「十戒」、「誇り高き戦場」等等どれも
みな壮大な映画で感動しました。
何回観ても飽きない映画。特に「十戒」は小学校の低学年の頃父に連れられて
兄達と一緒に観に行ったのを覚えています。
クラシック音楽でも映画でも、色んなことで父に大きな影響を受けていることを
痛感します。

偉大な人達がだんだんと過去の人になってしまう。なんだか、淋しいな・・・。

スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<名古屋コンベンションに向けて | ルクール | カラヤン生誕100年>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ルクール |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。