ルクール

こころ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カラヤン生誕100年

karajan.jpg

4月5日、今日はカラヤン生誕100年になります。
朝からずっとBSでカラヤンの特集があり、演奏以外にも初めて見る戦時下の
カラヤンの姿も興味深く見ました。
亡くなった父は、コンダクターでは特にカール・ベームとヘルベルト・フォン・
カラヤンが好きでしたがどちらかというとカラヤンの方をより賞賛していました。
小さい頃からカラヤンの話しやカラヤン指揮のシンフォニーなどを聞かされて
育ったせいか、懐かしく思えました。

聡明で完璧主義だったカラヤンと亡くなった父が時としてオーバーラップして見える
こともありました。

今日は、一日カラヤン漬けの日でした。
スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<チャールトン・ヘストンの旅立ち | ルクール | 防音壁>>

この記事のコメント

音楽の事は(も)よく分からないのですが
カラヤンは若いときも年老いてからもハンサムでしたよね。
Nokoさんのお父様も、カラヤンに少し似ていらっしゃったのかな?
2008-04-05 Sat 21:39 | URL | なべさな #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
活動的で元気な頃のカラヤンしか見てなかったので
今日見た晩年のカラヤンは、病にかかり痛みに
耐えながらの指揮は、胸に熱いものを感じました。
父は、厳格でありながら優しくて私は、とても尊敬
していました。というか、亡くなった今でも尊敬して
います。
う~ん、横顔が少し似てるかも!!
2008-04-05 Sat 23:41 | URL | Noko #7iSbDyII[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ルクール |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。